• シェアする
  • ツイートする

テーマ「つなぐ」

つなぐ

のせでん沿線の「人と人」「人と地域」「地域と地域」、それらを様々な人の出会いの舞台となるアートイベントの開催により、『新たな関係を築き、互いに理解を深め、つながりを強くしたい』という思いを込めています。
アートは、「人と人」、「人と地域」を心理的に結び付ける精神的基盤と考え、鉄道はそれらを実質的に結び付ける社会基盤です。その両者と沿線地域のコラボレーションにより、歴史、文化、社会、経済、教育、情報、人間、動物、自然など森羅万象をつなぎ、あらゆるものが行きかい、交わり、融合し、変化を生み出すことを期待します。

のせでんアートライン妙見の森2015について

第1回目の「のせでんアートライン妙見の森2013」は、2013年9月〜11月にかけて、能勢電鉄株式会社の開業100周年記念事業の一環として、同社の単独主催で開催されました。
第2回目となる「のせでんアートライン妙見の森2015」は、兵庫県、大阪府並びに川西市、猪名川町、豊能町、能勢町の一市三町、地域住民、団体およびそれらの地域を鉄道で結ぶ能勢電鉄が、府県の境を越えて相互に連携して行う協働事業として開催することになりました。
各々の地域が抱える定住人口の減少やまちの衰退化という共有の問題に対して、互いに協力し「のせでん沿線地域の魅力の再発見と新たな魅力の創出」をコンセプトに、現代アートを中心とした芸術祭を開催し、新たな地域間連携と地域活性化のきっかけづくりを行います。
また、準備から運営までの長期間の協働の中で地域住民同士が深く交流し、新たな連帯意識や新たな活動への意欲が生まれ地域が活発化することも目指します。

のせでんアートライン妙見の森2015エリア
会期

2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝) 45日間

会場

能勢電鉄の各駅と沿線地域(川西市・猪名川町・豊能町・能勢町)【能勢電鉄鉄道線・鋼索線の駅構内、妙見の森一帯(屋内外)、能勢妙見山沿線地域の公共施設(屋内外)、観光施設(屋内外)、空き家、空き店舗等】

展示内容
  • 招待アーティスト[15名(組)]による作品展示
  • 公募アーティスト[15名(組)]による作品展示
  • ワークショップによる地域協働制作
  • のせでん沿線地域の学校、大学等による作品の展示
主催

のせでんアートライン妙見の森 実行委員会

【委員長】
田辺眞人(園田学園女子大学名誉教授)

【副委員長・エグゼクティブアドバイザー】
三好庸隆(武庫川女子大学教 授)

【アートプロデューサー】
藤井達矢(武庫川女子大学准教授)

【監事】
多木和重(兵庫県阪神北県民局長)

【委員】
武友憲重(大阪府池田土木事務所長)
大塩民生(川西市長)
福田長治(猪名川町長)
田中龍一(豊能町長)
山口 禎(能勢町長) 﨑田喜美枝(学校法人関西女子学園宝塚大学理事長・学長) 城南雅一(能勢電鉄株式会社取締役社長)

共催

能勢電鉄株式会社

後援
  • 国土交通省近畿運輸局
  • 経済産業省近畿経済産業局
  • 公益社団法人ひょうごツーリズム協会
  • 公益財団法人大阪観光局
  • 川西市観光協会
  • 猪名川町観光協会
  • 豊能町観光協会
  • 能勢町観光協会
  • 能勢妙見山観光協会
  • 兵庫県教育委員会
  • 大阪府教育委員会
  • 川西市教育委員会
  • 猪名川町教育委員会
  • 豊能町教育委員会
  • 能勢町教育委員会
  • 朝日新聞阪神支局
  • 神戸新聞社
  • 産経新聞社
  • 読売新聞阪神支局
  • 毎日新聞阪神支局
  • 日本経済新聞社神戸支社
  • 関西テレビ
  • サンテレビジョン
  • MBS
  • 読売テレビ
  • FM802
  • FMCOCOLO
  • ラジオ関西
サポーター
  • 井上 武久
  • 大迫 千尋
  • 大西 小百合
  • 桐野 浩平
  • 小泉 博
  • 佐藤 忠司
  • 重岡 美佳
  • 鈴木 世利子
  • 辻田 卓也
  • 土谷 恭子
  • 土谷 晃生
  • 西中 哲郎
  • 林 努
  • 本田 義継
  • 三好 庸隆
  • 森 邦子
お問い合せ

能勢電鉄株式会社内 「のせでんアートライン妙見の森 実行委員会」事務局

072-792-7716(平日9:00~17:30)