2017年8月23日

妙見山「上杉尾根コース」のスズメバチの巣は撤去されました

上杉尾根ハイキングコースの入口(緊急通報版:上杉尾根 1 )付近に、30センチ程度のスズメバチの巣がありましたが、8月16日(水)に蜂の巣は撤去されました。また、23日(水)現在、スズメバチが飛来している様子は確認できませんでした。

今後は上杉尾根コースを通行することは可能と思われます。

 

ただし、この時期は当ハイキングコースに関わらず、スズメバチの営巣活動が盛んです。肌の露出の少ない服装や淡い色の服を着用するなど予防に努めてください。

スズメバチを見かけたら、大きな声を出さない。飛んできたハチをむやみに追い払わない。興味本位で近づかないなど、ハチを刺激しないように注意して速やかにその場を立ち去ってください。

スズメバチに刺されると生命に関わる場合もありますのでくれぐれもご注意ください。