ダイヤ検索

阪急電鉄のホームページ内の
ダイヤ検索にリンクしています。

阪急電鉄ダイヤ検索

運賃検索

出発駅
到着駅

検 索

阪急電鉄連絡 運賃検索はこちら
(注)2014年4月1日運賃改定いたしました。

会社情報

会社概要 役員・組織構成 沿革 経営理念 事業紹介 決算報告 環境保全への取り組み 採用情報 被害者等支援計画

ダイヤ検索

阪急電鉄のホームページ内の
ダイヤ検索にリンクしています。

阪急電鉄ダイヤ検索

旬菜マルクト

本日の旬菜マルクト
火曜日は
川西能勢口駅(10:30-15:00)
畦野駅(10:00-13:00)

詳細はこちら
駅の野菜直売所

沿革

当社は、日蓮宗の関西における総本山・能勢妙見宮への参詣者と能勢地方の産物の輸送を目的に、明治41年5月23日、能勢電気軌道株式会社として創立し、川西能勢口~一の鳥居間から営業を開始した。

当社の沿線は、大阪都市圏の近郊に位置し、自然環境に恵まれているため、昭和40年代以降ベッドタウンとして急激に開発が進められ、当社も昭和39年に住宅事業を開始した。その後、軌道法が地方鉄道法に変更したことを契機に、昭和53年10月1日に社名を能勢電鉄株式会社に変更した。

詳しい[年譜]を見る>>

鉄道事業

鉄道線

大正2年4月13日川西能勢口~一の鳥居間6.4kmの運転を開始。さらに、大正6年8月8日川西能勢口~川西国鉄前間0.7kmを延長し運転を開始した。川西能勢口~一の鳥居間の開通後は、一の鳥居から妙見山麓まで乗合馬車が運行されていたが、大正7年4月7日から当社で乗合自動車を経営しながら一の鳥居~妙見口間6.2kmの延長線の建設を進め、大正12年11月3日全線13.3kmの運転を開始した。(これにより乗合自動車営業は廃止)
 昭和40年代に入って沿線の開発が急速に進められたので、将来の輸送需要に対応するべく線路の改良、車両の増備、変電所の増設等輸送力増強に努めるとともに、昭和44年10月5日川西能勢口~平野間5.2kmを、昭和52年4月24日平野~山下間3.0kmをそれぞれ複線化し、さらに昭和52年10月16日笹部~ときわ台間の線路改良を実施し、妙見線は0.5kmを短縮した。
 続いて、大規模な住宅団地日生ニュータウンへの新線建設を計画し、昭和53年12月12日山下~日生中央間2.6kmの日生線の運転を開始した。
 一方、兵庫県、川西市、阪急電鉄と共同で、都市計画事業川西能勢口駅付近連続立体交差事業を実施するため、昭和56年12月20日川西能勢口~川西国鉄前間0.6kmの運輸営業を廃止した。これにより当社の鉄道線は現在14.8kmとなっている。

鋼索線(妙見の森ケーブル)

妙見鋼索鉄道株式会社の経営によって大正14年8月1日から妙見山において営業(上部線844m・下部線623m)されていたが、戦時国策により昭和19年2月10日に撤去された。その後、土地等の資産を当社が譲り受け、昭和35年4月22日下部線(黒川~ケーブル山上間)666m(水平長623m)の運転を開始した。(標高:黒川駅237m ケーブル山上駅460m)

索道線(妙見の森リフト)

妙見の森ケーブルの運転再開に続き、旧妙見鋼索鉄道の上部線部分573mに妙見の森リフトを建設し、昭和35年8月27日から運転を開始した。(標高:ふれあい広場のりば500m 妙見山のりば587m)


兼業

賃貸事業

資産の有効活用を図るため、昭和58年に「東ときわ台ショッピングセンター」の賃貸を開始したことに始まり、現在では川西能勢口駅高架下店舗をはじめとする多くの土地建物の賃貸を行っている。
 なお、平成15年4月より、所有している賃貸物件は全て阪急電鉄株式会社へ一括で賃貸し、業務の効率化を図っている。

その他事業

その他、現在では、妙見山において本格的な野外バーべキュー設備を有する妙見の森バーベキューテラスや駅構内でイートイン・コンビニ「リズミン」、喫茶店「ドンパン畦野店」、地元新鮮野菜直売店「旬菜マルクト」、貸農園「旬菜農園ファームやました」の経営を行っている。