エドヒガンの群落 えどひがんのぐんらく

  • エドヒガンの群落

野生種の桜「エドヒガン」の貴重な群落。小ぶりの可憐な花が特徴で、春の彼岸頃に咲くことから命名。兵庫県下では育成地が少なく、妙見の森周辺のエドヒガンの群落は川西市の天然記念物の指定を受けました。

基本情報

施設名

エドヒガンの群落 えどひがんのぐんらく