ニュースリリース

2020.09.15

「夢みるトロンボーンリサイタル電車」 の運行について

「夢みるトロンボーンリサイタル電車」 の運行について
(写真左:ピアノ/原田恭子氏   写真右:トロンボーン/藤原功次郎氏)

能勢電鉄では、川西市出身の世界的トロンボーン奏者である藤原功次郎氏をお招きし、トロンボーンのリサイタル公演を行います。運行する電車内で沿線風景を楽しみながら、本物の音楽に触れる非日常体験を、ぜひお楽しみください。

イベントの詳細は次のとおりです。

 

イベント概要

(1)名 称「夢みるトロンボーンリサイタル電車」

(2)内 容

  • 電車内でのトロンボーンリサイタルの開催
  • 妙見口駅での屋外演奏(雨天時は車内)
  • 電車の洗車を車内から体験

(3)日 時 2020年11月7日(土) 雨天決行

  • 【午前の部】10:00~12:20
  • 【午後の部】14:00~16:20

※お申込み時に、午前の部・午後の部どちらかをお選びください。

 

(4)集 合  川西能勢口駅 東改札口前

(5)運行区間

    川西能勢口駅→妙見口駅→平野駅(洗車機体験)→川西能勢口駅​

(6)定 員 

  • 【午前の部】75名 (A席64名B席11名)
  • 【午後の部】75名 (A席64名B席11名)

(7)参加費  A席 6,000円(税込み)  B席 4,000円(税込み)

(8)販 売
  PassMarket(オンラインチケットサイト)より販売します。
  詳細は、下記ホームページをご確認ください。

 https://noseden.hankyu.co.jp/guide/spot/wtkpj3bpzs/event/ynuttfbjie/


(9)販売期間

  9月18日(金)10:00から10月30日(金)10:00まで(先着順)

(10)主 催  能勢電鉄株式会社

【リハーサル公演の様子】

「夢みるトロンボーンリサイタル電車」 の運行について
(当日使用車両:7201編成車)

 

「夢みるトロンボーンリサイタル電車」 の運行について
(妙見口駅での屋外演奏※雨天時は車内)
 

演奏者の略歴

◎藤原功次郎氏(トロンボーン)

兵庫県川西市生まれ。
幼少の頃よりピアノ・作曲をはじめ、中学3年生よりトロンボーンを始める。日本フィルハーモニー交響楽団首席トロンボーン奏者を経て、洗足学園音楽大学非常勤講師。コバケンとその仲間たちオーケストラスペシャルメンバー。ニューヨーク・イブラ音楽財団国際審査員。東京・ニューヨークを拠点に、世界各国で活動。
兵庫県立西宮高校音楽科卒業。東京藝術大学にてアカンサス音楽賞を受賞し首席で卒業。これまでに国内オーケストラ、ウィーン交響楽団首席奏者などを客演。また小林研一郎氏より、指揮法及び作曲・音楽理論と数々の薫陶を受ける。
2012年オーストリア国際管楽器コンクールで全部門から優勝、名誉市民賞受賞。
2016年シチリア島イブラ大賞国際音楽コンクールで全部門から優勝。
これまでに、兵庫県知事賞、兵庫県教育委員長賞(ゆずりは賞)、松方ホール音楽賞、坂井時忠音楽賞、Goldene Dohle 勲章、川西市民文化賞、兵庫県芸術奨励賞、カーネギーホールアワード2017・2018などを受賞。
2017年済州島国際金管楽器コンクール審査員、イブラ大賞国際音楽コンクール審査員。
イブラ大賞受賞記念ワールドツアー開催。アメリカ、ヨーロッパ、アジア計20ヵ国で開催。
2018年ニューヨーク大学賞受賞。
これまでに、国際原子力機関IAEA、カーネギーホールなど名だたるホールで演奏。
皇后陛下ご臨席の下、日本赤十字病院にて記念演奏を行う。
2019年、活動をニューヨーク・イタリア・アジア世界に広げ、ボーダレスな活動を続け、また自身のリサイタルでは自作自演なども行い、韓国釜山での国際音楽祭のオープニングテーマ作曲、‪兵庫県県政150周年行事で「トロンボーンとピアノと吹奏楽のための協奏曲」を作曲。また、これまでにソロCDを6枚リリースし、自作曲含め編曲も数多く収録。


テレビ朝日「題名のない音楽会」はじめ、雑誌、ラジオなど、様々なメディアに出演。またテレビドラマ、映画、アニメのレコーディングも積極的に行い、アレンジなどにも携わる。日本での映像作品では、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」はじめ、連続テレビ小説「半分、青い。」ドラマ日曜劇場「テセウスの船」「リーガルV」、アニメ「機動戦士ガンダム」「PSYCHO-PASS 」「Re:ゼロからはじめる異世界生活」「亜人」「BLAME!(ブラム)」「ゴールデンカムイ」「はたらく細胞」「ジョジョの奇妙な冒険」「ラブライブ! 」など3000曲以上の録音に参加し、King & Princeの2ndアルバム「L&」(ランド)にもトロンボーンの演奏で参加している。
2020年は、コロナの中、新しい演奏会の模索を考え、いち早く配信コンサートを実施したり、世界最古にして最高峰の金管5重奏団カナディアンブラスのアキレス・リアルマコプーロス氏とのニューヨーク市と川西市を繋ぐリモート動画制作をはじめ、能勢電鉄とのコラボレーションや、異種業界や地域発展に根差した、音楽会制作も盛んに行っている。

 

◎原田恭子氏(ピアノ)

東京藝術大学附属高校を経て、同大学器楽科ピアノ専攻卒業。2001年、同大学大学院修士課程 器楽科室内楽専攻修了。同年、プラハ芸術大学(AMU)に留学。2002年6月修了し、帰国。これまでに国内外の主要オーケストラとのメンバーとの室内楽をはじめ、著名演奏家との共演多数。

 

 

感染症対策や、リハーサル公演の動画など、詳細については、下記ホームページをご確認ください。

https://noseden.hankyu.co.jp/guide/spot/wtkpj3bpzs/event/ynuttfbjie/

 

報道用資料

⇒報道用資料(PDF)はこちらよりダウンロードいただけます。