北摂を代表する名峰のひとつ 行者山から剣尾山コース

剣尾山は標高 784m、北摂を代表する名峰の一つで以前は妙見山以上に信仰を集めていたそうです。登山口より、巨岩の下や上を通る変化に富んだ道で行者山へ向かいます。行者山から少し下り、しばらく平坦な道を過ごして丸太階段を上ると六地蔵が出迎えてくれます。旧月峯寺跡からひと上りすると剣尾山の頂上で、胸のすくような 360 度の展望をお楽しみ下さい。後半は熊笹の中を野外活動センター跡へ向かって下ります。管理事務所跡からは車道歩きが半時間ほど続き能勢町役場に到着です。

コースマップはこちら