清普寺 せいふじ

  • 清普寺
  • 清普寺

慶長6年(1601)能勢頼次公が日蓮宗中興の祖とされる日乾上人の弟子、日然を開山に招き、父頼幸の菩提のために建設したのが始まりです。能勢家累代の墓石群は迫力のある佇まいを見せ、周辺の緑環境とも一体化し、府内の貴重な近世寺院の一つといわれ、平成15年には、本堂・庫裏・表門・鐘楼が大阪府の有形文化財の指定を受けました。

基本情報

施設名

清普寺 せいふじ

所在地

能勢町地黄815

連絡先

TEL072-737-0049

アクセス情報

能勢電鉄株式会社WEBサイト(当サイト)では一部の地図表示に「Yahoo!JAPAN 地図」を使用しています。
地図内に「Yahoo!JAPAN」が提供する広告が表示される場合がありますが、表示される広告は当サイトと一切関係ございませんのでご注意ください。
また、それら広告によって生じた損害について能勢電鉄株式会社は、一切の責任を負いかねます。

大きな地図で見る


近くの沿線スポット