のせでんの歴史

当社は、関西で最も有名な日蓮宗寺院の一つである能勢妙見宮への参詣者と能勢地方の産物の輸送を目的に、明治41(1908)年5月23日、能勢電気軌道株式会社として創立し、川西能勢口〜一の鳥居間から営業を開始しました。
当社の沿線は、大阪都市圏の近郊に位置し、自然環境に恵まれているため、昭和40年代以降ベッドタウンとして急激に開発が進められ、当社も昭和39(1964)年に住宅事業を開始。その後、軌道法から地方鉄道法に変更したことを契機に、昭和53(1978)年10月1日に社名を能勢電鉄株式会社に変更しました。

明治 41年5月23日 能勢電気軌道株式会社設立
大正 2年4月13日 妙見線能勢口~一の鳥居間6.4km営業開始
6年8月8日 妙見線能勢口~池田駅前間0.7km営業開始
7年4月7日 一の鳥居~吉川間乗合自動車営業開始
12年11月3日 妙見線一の鳥居~妙見間6.2km延長営業開始
一の鳥居~吉川間乗合自動車営業廃止
昭和 35年4月22日 鋼索線黒川~ケーブル山上間623m営業開始
8月27日 索道線郷土館前~妙見山間573m営業開始
40年4月1日 池田駅前駅を川西国鉄前駅に改名
7月1日 能勢口駅を川西能勢口駅に改名
妙見駅を妙見口駅に改名
41年1月25日 平野車庫完成。絹延橋車庫廃止
42年11月30日 川西能勢口~鴬の森間2.7km複線開通
44年10月5日 鴬の森~平野間2.5km複線開通
52年4月2日 610型車両導入
4月24日 平野~山下間複線化完成、営業開始、
これにより複線区間は川西能勢口~山下間8.2kmとなる
53年10月1日 能勢電鉄株式会社に社名変更
10月16日 光風台駅営業開始
12月12日 日生線山下~日生中央2.6km営業開始
56年3月1日 平野駅橋上駅舎完成
58年8月1日 1500系車両導入
61年11月21日 1000系車両導入
12月7日 320型・500型車両の営業運転廃止
62年12月31日 大晦日終夜運転開始
平成 2年6月5日 1700系車両導入
12月15日 全駅に自動改集札機設置完了
3年4月1日 駅業務無人化、駅務機器遠隔操作システム営業開始
4年4月19日 610型さよなら臨時列車運行
9年2月24日 本社事務所を川西能勢口から平野へ移転
11月16日 ワンマン運転実施(朝、夕方ラッシュ時除く)
11月17日 日生中央~阪急梅田間直通特急「日生エクスプレス」運転開始
12年6月4日 平日・夕方もワンマン運転実施
15年4月23日 車体色を「マルーン」色に変更
5月6日 平日・朝ラッシュ時間帯もワンマン運転を実施
20年5月23日 創立100周年
25年4月13日 開業100周年
9月14日 「妙見の森 山上の足湯」営業開始
26年3月15日 妙見の森ケーブル・リフト リニューアル
4月5日 森のカフェあじさい リニューアルオープン
8月1日 6000系車両導入(8両編成)
8月12日 カフェドンパン畦野店 リニューアルオープン
10月1日 「のせでん 妙見の森フリーパス」発売開始
27年3月16日 5100系車両導入
3月21日 鉄道線ダイヤ改正
28年4月1日 貸農園「旬菜農園 ファームやました」開園
5月29日 さよなら1500系記念イベントを開催
29年1月1日 新・経営理念を制定
3月18日 鉄道線ダイヤ改正
3月31日 共通乗車システム「スルッとKANSAI」対応次期カード発売終了
4月1日 阪急・阪神・能勢・北急4社共通の磁気カードを発売
4月1日 部門別採算管理制度導入
8月8日 「のせでん沿線 暮らしのポータルサイト(WEBサイト)」を開設
9月1日 SNS(Twitter並びにインスタグラム)を開設
12月15日 オープン型宅配ロッカーを設置(畦野、山下、光風台、日生中央駅)
30年3月17日 妙見の森の各施設の営業時間等を変更
I型4号車 猪名川橋梁を渡るI型
10型10号
32型
20型
40型
51型
60型
日生エクスプレス
復刻車両