ハイキングブログ|のせでんハイキング|おでかけ・沿線情報|のせでん【能勢電鉄】

ハイキングブログ

5月18日 のせでん五月晴れハイキング 開催報告

2024年5月23日 《のせでんハイキング

 

 

みなさん、こんにちは。

 

昨日、仕事帰りにスーパーに行き、カゴいっぱいに食品を入れてレジに直行。

しかし、カードが使えない現金のみの取り扱い店だったため

現金が無く何も買えず、カゴの中見は全て返却。

 

食材不足で、寂しい朝ごはんだった西島です。

 

さて、5月18日に開催しました

のせでん五月晴れハイキング

『いにしえの時代から旅人の道案内をはたした』
猪名川町東部の古い道標巡りコース
の報告です。

 

雲ひとつない快晴の中、日生中央駅からスタートしました。

20240518

 

道標巡りがテーマの今回のハイキング。

古(いにしえ)​から残っている道標を巡りながら歩きました。

 

めぐるのは時代と道標ですね。

出会いと別れをくり返してきたのでしょうね。

20240518

 

コース途中にある猪名川町立静思館(せいしかん)は

美術商として知られた冨田熊作氏(故人)が、昭和7年から3年の歳月をかけて建てた和風建築物で

当時としては大変珍しい井戸水をポンプで汲み上げて貯水して利用した水洗トイレや

部屋の暖房に朝鮮式の床下暖房「オンドル」、

氷室(ひむろ/冷蔵庫のなかった時代、食物などの保冷に使った所)

が残されています。

20240518

今では、水洗トイレやホットカーペットは当たり前、

我が家にはなんと、水を入れたら勝手に氷ができる冷凍庫まであります!!

なんと、便利なことでしょう(*'▽')

 

 

静思館のすぐ先、上野素盞嗚神社にも立ち寄りました。

20240518

 

一般的には花崗岩でできた狛犬ですが、

冨田熊作氏が奉納した鉄製の狛犬が鎮座しています。

古美術品として価値がありそうです。

 

ちなみに我が家には祖父が残した古銭がありますが

価値があるのか、ないのか。

20240518

 

そんな感じで歩いているとアッという間に昼食ポイント。

20240518

 

お腹も満たし、道標巡りを再スタート。

 

「こんな道標があったねと

いつか話せる日がくるわ。」

と、中島みゆきの替え歌なんかを口ずさみながら

歩かれた方もいるのか、いないのか。

20240518

 

だんだん暑くなってきて疲れもでてきたせいか

後半部分の道標を見逃してしまったというお声もゴールで多数聞きました。

 

ちなみにこちらは紫合(ゆうだ)の力士記念碑で​

猪名川町では相撲が盛んだったようです。

 

ちなみに私は、GW(ゴールデンウィーク)に小学5年生と相撲をとって、連勝してすごく嬉しかったです。

言っておきますが、ハンデとして片腕で勝負しましたから。

大人げなくはないです。

20240518

 

こちらの地蔵道標には赤い布がかけられ

地元の方が今もなお大事にしていることが伺えます。

20240518

 

610人のご参加された皆様ありがとうございました~!

20240518

次回のハイキングは5月31日 大阪空港まで歩きますよ~。

空港土産店を見るのが楽しみ(^^♪

5月9日 のせでん平日ハイキング 開催報告

2024年5月13日 《のせでんハイキング

 

 

みなさん、こんにちは。

いちご大福はお好きですか?

いちご大福を毎日食べたい、そんなことを思ったことはないですか?

 

そこで、私は思いつきました!

①いちごのパックを買う

②小さい大福の詰め合わせ(5個入り200円ぐらい)を買う

③大福に切り目を入れて、いちごを挟む

 

2024年・春、西島家 最大の発明です。

 

さて、そんな感じで毎朝糖分を摂取しているので

運動もしなければいけませんね。

 

5月9日に開催しました

『眺望自慢の山々を巡る』北雲雀きずきの森から石切山・キセラ川西コース

の、ご報告です。
 

多田からオアシスタウンキセラ川西を目指します。

おなじみ「こんにゃく橋」を通過。

 

人が渡るたびに、こんにゃくのようにくねくね橋が揺れることもなく

まずは石切山を目指しました。

20240509

 

見てください。この素晴らしい景色を。

ここは北海道でしょうか?

はたまた、信州?

 

いいえ、「北雲雀きずきの森」です。

20240509

 

今回のハイキングのタイトルは『眺望自慢の山々を巡る』。

この坂を上れば、眺望が・・・・。

20240509

 

の、前に石切山(いしきりやま)三角点がドン!

20240509

 

その先に眼下に広がる眺望がドドン!!!!

 

ここで皆様、昼食タイム。

 

素晴らしいロケーション、素晴らしい開放感。

梅田のスカイラウンジか、石切山か。

20240509

 

さて、お次は釣鐘山を目指します。

ひとまず足元を気をつけながら少し下ってそのまま真っすぐ進んで行くと・・

20240509

 

のせでんハイキングでは約20年ぶりに訪れました。

20240509

 

ここからの景色も素晴らしい。

20240509

 

電波塔から先は飲食禁止エリアです。

20240509

 

行者供養塔から先は階段が続きますよ。

20240509

 

3ルートに分かれた階段には

感謝坂・懺悔坂・精進坂と、それぞれ名前が付いてます。

 

今回は感謝坂を下りました。

20240509

 

素晴らしい景色です。

景色も見つつ、足元も確認しつつ、写真も撮りつつ、下ります。

20240509

 

長い石段の先には、また階段。

まるで映画「君の名は。」のロケ地でしょうか?(違います)

 

『前前前世から僕は~♪』と口ずさみながら

歩きます。

20240509

 

この坂は「金時坂」というんですね。

路地裏に入ると新しい発見があります。

20240509

 

川西火打の住宅街を抜けるとゴールです。

20240509

 

585人のご参加された皆様、ありがとうございました。

ゴールのキセラ川西では先日、温浴施設「SPAスパ)キセラ川西」がオープンされましたよ。

岩盤浴好きの私にとってはとても嬉しい施設です。

皆様もぜひお立ち寄りくださいね。

20240509

 

次回は、みんな大好き道標巡りです。

5月18日(土)日生中央駅9時30分~10時30分にお集まりください。

 

4月20日 のせでん春らんまんハイキング 開催報告

2024年4月25日 《のせでんハイキング

 

 

みなさん、こんにちは。

 

新聞紙を26回折ると富士山を越える?

右足が下りる前に左足を上げると、水面を走れる?

本当でしょうか? ウソでしょうか?

 

世の中には信じがたい真実が隠されてますね。

 

朝、鏡を見て「ちょっと瘦せたかも?」と思ったその日に、

「ちょっと太ったんじゃない?」と言われました。

 

信じがたいことです(*´Д`)

パラドックスです。西島です。

 

さて、4月20日に

のせでん春らんまんハイキング 『春の陽気に誘われて』
光風台から知明山・一庫ダムコース

を開催しました。

 

光風台からスタートです。

新光サンセットロードを歩いて知明湖を目指します。

20240420

 

知明湖沿いは、のせでんハイカーに馴染みのコースですね。

春の長雨で知明湖の水もたっぷり。

20240420

 

知明りんどう橋まで

サクサクとあっという間につきました(^^♪

20240420

 

今回は一庫公園だけではなく、

久しぶりに知明山に上ります。

 

「まじで? これ上がるの?」と呟いてしまいそうな

階段を上がります。

20240420

 

間歩跡もあちこちあるので、

看板を読みながらしばし休憩(*'ω'*)

20240420

 

知明山頂は風が通り、気持ちが良いですよ~。

階段はキツイけど、上ってきた甲斐があります。

20240420

 

上ったら下りる(-ω-)/

当然ですね。

20240420

 

広場にはお子様連れで遊びに来ているファミリーも多くいらっしゃいましたよ。

のどかな雰囲気です♪

20240420

 

春の陽気の中、

気持ち良いスポットの多い今回のコース。

ついつい長居して休憩してしまいます。

20240420

 

知明さくら橋を渡ったらゴールまであと1時間。

水面に映った逆さ橋を見ながら、進みます。

20240420

 

728人のご参加された皆様おつかれさまでした。

20240420

次回のハイキングはGW明けの5月9日 石切山を上ります。

だんだんと暑くなってきたので、熱中症対策もお忘れなく。

 

それでは、みなさん

充実のゴールデンウィークをお過ごしください!

4月4日 のせでん第1木曜ハイキング 開催報告

2024年4月5日 《のせでんハイキング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

4月4日(木)のハイキングについて語ります。

 

【サクラを求め「日本一の里山」へ】

 

をテーマに、

妙見口駅から黒川桜の森、出野三角点、ありなしの道を通り、

野間の大ケヤキから大堂越を経由し、妙見口駅に戻るコースを巡りました。

 

20240404

 

曇り空で、地面は前日の雨で濡れていましたが、

この日も朝から多くの方が集まりました。

 

20240404

 

4月3日に完成したばかりの黒川里山センターの新棟を通過。

「日本一の里山」と言われる黒川の里山と自然を体験する交流拠点であります。

 

20240404

 

黒川里山センターは旧黒川小学校を利用した施設であります。

北校舎と南校舎で分かれており、写真に写るのは1946年に建設された南校舎で、

終戦直後の混乱期に疎開児童が多く入学したため増築されたそうです。

 

対して北校舎は1904年に建設と非常に古く、

南北の校舎で昭和と明治の生活様式を知ることができる、

とても貴重な建築物です。

 

20240404

 

黒川桜の森に到着。

天候は残念ながら曇り空でしたが桜は見事に満開でした。

この地で咲く桜は主にエドヒガンと呼ばれる山地に自生する桜であり、

川西市ではよく目にする桜ですが他では群生を見ることはまれで、

兵庫県レッドデータブックに登録されているほどです。

 

またエドヒガンの特徴として長命で巨木が多く、

例えばこの森で咲く「微笑み桜」は幹周が3.9メートルもありますが、

全国的には根尾の薄墨桜や御母衣ダムの荘川桜などが有名です。

 

20240404

 

出野山の山頂に到着。

ここからありなしの道を通り、野間の大ケヤキを目指します。

 

20240404

 

ありなしの道は前日に降った雨のせいで地面は水浸しでした。

 

20240404

 

野間の大ケヤキは高さ33メートル、

樹齢は1000年以上と推定される巨木で天然記念物に指定されています。

 

20240404

 

大堂越の道中にて炭焼き窯跡を発見。

かつてこの周辺で生産された炭は切り口が菊に似ていて、香りがよく、

火力もあるため茶室で使う高級炭として室町時代から重宝されてきました。

 

20240404

 

20240404

 

妙見の森ケーブル黒川駅跡の外から撮影。

ここも桜が満開で、曇り空であるのが本当に残念であります。

 

【注意】

ケーブル以外にリフト、BBQテラスを含め、

全ての施設は昨年12月3日にて営業を終了しました。

現在は閉鎖されており、内部への立ち入りを禁止しています。

 

 

20240404

 

以上の名所を巡り

この日は485人の方にご参加いただきました、お疲れ様でした!

 

次回は4月20日(土)にて、

のせでん春らんまんハイキング【春の陽気に誘われて】をテーマに、

 

光風台2丁目公園から始まり、保の谷橋、知明りんどう橋、知明山、

県立一庫公園、一庫ダム展望所、日生中央駅前コースのハイキングを開催します。

 

受付時間:9:30~10:30

受付場所: 光風台2丁目公園

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

3月7日 のせでん第1木曜ハイキング 開催報告

2024年3月12日 《のせでんハイキング

昨年末引っ越しをしまして、やっと家の中が片付きました。

約4カ月かかりました。(かかりすぎ?)西島です。

 

先日ついに巨大本棚を作り、

やっと段ボールに囲まれる生活に終止符を打ちました。

 

次の木曜日の段ボールを出せるゴミの日が待ち遠しいです(*'ω'*)

 

さて、そんな清々しい気持ちで臨んだ

のせでん第1木曜ハイキング

『眺望を求めて里山を続けて登る』
多太神社から大平山・石切山コース
の開催報告です。

 

平野駅から徒歩約5分の

多太(たぶと)神社からスタートです。

20240307

 

住宅街を進んでいくと

梅や菜の花など、ちらほらと春の芽吹きを感じました。

20240307

 

いつもはゴールで立ち寄ることの多い多田神社ですが

今回はまだまだ序盤。

 

参拝後はさっそく山のぼりです。

20240307

 

まずひとつ目の山は大平山。

少し上りをきつく感じた方も多いかもしれませんね。

20240307

 

上ったら下る。

それが山のぼりの宿命ですね。

20240307

 

そしてお次は石切山です。

ティナちゃんの森を抜けます。

 

ティナちゃんは、素晴らしい自然を残すために

 地域の方が宝塚市に寄付をされた土地だそうです。

 すごいですね!

20240307

 

このようなストーリーを聞くと

山は荒らさず、ゴミを捨てずマナーの大事さを痛感しますね~。

と、しみじみしながら三角点を通過。

20240307

 

すると、目の前がパッひらけ、見事な景色が広がりました。

20240307

 

長い間、段ボールに囲まれた生活をしていると

このような広い風景からもらう癒しは今までとは格別です(*'▽')

 

大きな癒しを求める方は、不便な環境に身を置いてから

ハイキングするのも良いかもしれません。なんちゃって(-ω-)/

20240307

 

石切山の下りは段差がキツイので

つまずかないように気をつけながら下ります。

20240307

 

今回は眺望スポットが多いコースとなりました。

みはらし広場で休憩です。

20240307

 

ここまできたらゴールまではあと少し。

自然を堪能しながらゴールのキセラ川西を目指します。

20240307

 

603人の参加者の皆様、ありがとうございました!

20240307

 

次回は3月20日(水・祝)

初谷渓谷から能勢妙見山・ピーク444コースです。

ピーク444から先は急な下りが続きます。

滑りにくい靴でご参加くださいね!

 

次の5件 >

最新のエントリー

ハイキングカテゴリー

バックナンバー